HOME > 薬局からのお便り目次

薬局からのお便り

薬を水で飲むのはなぜ?

「薬は水で飲みましょう」という話をよく聞きます。
コーヒーでも、牛乳でもよさそうなのに、どうして「水」でなければいけないのでしょうか。水であればミネラルウォーターでもよいのでしょうか。
疑問が次から次へとわいてきます。
そうした疑問を一挙解決。薬を正しく飲むためにぜひ知っておきましょう。

水なしで飲むとのどや食道に引っかかる危険があります

薬を飲むときの基本は、「薬を“水やぬるま湯”と一緒に飲む」ことです。薬だけだと、のどや食道に引っかかってしまうことがあります。特にカプセル剤はゼラチンの容器に入っているため、唾液などで口の中がべたべたし、のどや食道の粘膜にくっつきやすくなります。もし、引っかかった場所で薬が溶け出すと、そこの粘膜を傷め、時には潰瘍や出血を引き起こすことがあります。

飲み物に含まれる成分が薬にさまざまな影響を及ぼします

コーヒーや紅茶、緑茶などのようにカフェインが入っている飲み物は、薬の効き目や副作用を増強させることがあります。成分が溶けにくくなる場合もあるので、適しません。
また、牛乳の場合は、牛乳に含まれるカルシウムと相互作用を起こす薬(例えばテトラサイクリン系の抗生物質)があります。
次にジュースですが、とりわけ問題になるのがグレープフルーツジュースと一部の降圧剤の飲み合わせです。グレープフルーツジュースの中の成分が薬を分解する酵素の働きを邪魔して、薬が必要以上に効き過ぎてしまう場合があることが知られています。
絶対にしてはいけないのがアルコールで薬を飲むことです。薬の作用が強くなり過ぎて、生命に危険を及ぼすことがあります。

ミネラルウォーターは硬度の低いものを選びましょう

こうして見ていくと、やはり薬は水で飲むのがいちばんであることがわかります。水といっても、ミネラル分が多く含まれた硬度の高い水は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分によって一部の薬では吸収が悪くなることがあるので要注意です。例えば、ビスフォスフォネート系と呼ばれる骨粗しょう症の薬は、服用後少なくとも30分間は横にならず、水以外の飲料(カルシウム、マグネシウムなどの含有量が特に高いミネラルウォーターを含む)を取らないようにと注意されています。
なお、水の量が少な過ぎると薬が水に十分に溶けず、体内に運ばれません。多めの水(コップ1杯程度)で飲みましょう。

※硬度…水に含まれるカルシウム、マグネシウムの含有量から計算した数値のこと。カルシウムやマグネシウムが多い水は「硬水」、少ないと硬度が低い「軟水」となります。硬度が低いほど味がクリアで飲みやすいとされています。また、日本で採れる天然水には軟水が多く、和食や日本茶などにも軟水が適しているといわれます。

目次に戻る

  • 全品送料無料 ひらもと薬店オンラインショップ

店舗案内!

呉市ひらもと薬局西中央店舗写真

ひらもと薬局 西中央店
広島県呉市西中央2-1-12
TEL 0823-36-6598
FAX 0823-36-6599
営業時間:9:00~18:00
休日:土曜・日曜・祝日

詳しい店舗情報



呉市ひらもと薬局東中央店舗写真

ひらもと薬局 東中央店
広島県呉市東中央1-6-22
TEL 0823-21-2854
FAX 0823-36-7185
営業時間:9:00~18:00
休日:日曜・祝日

詳しい店舗情報

呉市ひらもと薬局千田店舗写真

ひらもと薬局 千田店
広島市中区千田町2丁目1-29 井原ビル1F
TEL 082-236-1559
FAX 082-236-9952
営業時間:平日9:00~18:00
土曜:9:00~17:00
休日:木曜・日曜・祝日

詳しい店舗情報

ひらもと薬局は、呉医療センターと連携し、地域医療に貢献する医療機関として登録されています。

波と風ネット

  • 呉医療センター 中国がんセンター
  • メナード化粧品取扱店