HOME > 薬局からのお便り目次

薬局からのお便り

薬剤師のお薬Q&A 「こんなとき、どうすればいい?」

薬剤師は、お薬の専門家。お薬についてさまざまなご相談をいただきます。その中から今回は、よく寄せられる2つの質問についておこたえします。

 

【Q】子どもが粉薬を飲むのを嫌がります。何かよい方法は?

【A】粉薬の中には苦い味がするものがあり、スムーズに飲んでくれないケースが少なくありません。そういうときには、次のような工夫をするとよいでしょう。

①ペースト状にする
お薬を少量の水またはぬるま湯でペースト状にし、清潔な指でお子さまの頬の内側や上あごに塗ります。そのあと、水やぬるま湯を飲ませ、お薬を流します。練った粉薬に砂糖や砂糖入りココアを混ぜるのもよい方法です。

②水などに溶かす
全部飲めそうなぐらいの水またはぬるま湯に溶かし、スプーンやスポイトで少量ずつ飲ませます。なお、ミルクの中に溶かし込んで与えると、ミルクの味が変わって、ミルク嫌いになる恐れがあるので避けたほうがよいでしょう。

③食べ物に混ぜる
ジャム、ゼリー、プリン、練乳、アイスクリームやシャーベットなどの冷たいものなどと混ぜると、お薬の味を感じにくくなり、飲んでくれやすくなります。はちみつは、1歳未満のお子さまは乳児ボツリヌス症が発症する確率が高いので使わないでください。

④服薬補助ゼリーやオブラートを利用する
最近は、ぶどうやいちご、チョコレートなどお子さまが好む味のついたゼリーや袋状オブラートが市販されています。

食品などに混ぜるときは、飲み合わせや食べ合わせでお薬が効かなかったり、味が変わったりすることがあるので、前もって薬剤師にご相談ください。酸味の強いジュースやスポーツドリンク、ヨーグルトなどに混ぜるとかえって苦みが出るお薬もあります。

 

【Q】湿布剤の上手な貼り方を教えてください。

湿布剤の使用に関して、いくつかの注意点があります。粘膜や傷口、湿疹などのあるところは避け、汗や水を拭き取ってから貼りましょう。同じところに貼り続けるとかぶれることがあるので、貼る場所を少しずらしましょう。温熱タイプでカプサイシンなどが配合されているものは、入浴の30~60分ほど前にははがしておきましょう。はがしてすぐに入浴すると、赤く腫れたりヒリヒリすることがあります。

湿布剤を2つに折り、2~3cmの切り込みを入れると、体にフィットしてはがれにくくなります。

 

このほか、お薬についてわからないこと、疑問に思うことなどがありましたら、薬剤師に気軽におたずねください。

目次に戻る

  • 全品送料無料 ひらもと薬店オンラインショップ

店舗案内!

呉市ひらもと薬局西中央店舗写真

ひらもと薬局 西中央店
広島県呉市西中央2-1-12
TEL 0823-36-6598
FAX 0823-36-6599
営業時間:9:00~18:00
休日:土曜・日曜・祝日

詳しい店舗情報



呉市ひらもと薬局東中央店舗写真

ひらもと薬局 東中央店
広島県呉市東中央1-6-22
TEL 0823-21-2854
FAX 0823-36-7185
営業時間:9:00~18:00
休日:日曜・祝日

詳しい店舗情報

呉市ひらもと薬局千田店舗写真

ひらもと薬局 千田店
広島市中区千田町2丁目1-29 井原ビル1F
TEL 082-236-1559
FAX 082-236-9952
営業時間:平日9:00~18:00
土曜:9:00~17:00
休日:木曜・日曜・祝日

詳しい店舗情報

ひらもと薬局は、呉医療センターと連携し、地域医療に貢献する医療機関として登録されています。

波と風ネット

  • 呉医療センター 中国がんセンター
  • メナード化粧品取扱店