HOME > 薬局からのお便り目次 > 血圧が気になる冬、気を付けることは?

薬局からのお便り

血圧が気になる冬、気を付けることは?

冬は夏に比べ、血圧が高い傾向があることをご存じですか。冬は寒いため、熱が外部へ逃げるのを阻止しようと血管が収縮します。
ほかにも、この季節は血圧を上げる要因がさまざまあるため注意が必要です。


毎日、家庭血圧を測る習慣を

血圧はちょっとしたことで変動します。よく知られているのが白衣高血圧です。医療機関で測ったときに緊張して血圧が高くなってしまうことをいいます。また、食事をするだけでも血圧は上がり、食事が終わると下がっていきます。排便中にいきむ、おしっこを我慢する、こうしたことでも血圧は上昇します。
このように変動しやすい血圧だけに自分のふだんの血圧がどのくらいなのか知っておくことは健康管理のうえで大切です。そうすることで、健診などで「血圧は正常」と診断されても、「家庭血圧は高いです」などと医師に伝えることができ、より正しい診断につながります。ぜひ、毎日、家で血圧を測るようにしましょう。


温度の差が血圧の変動をもたらす

この季節で特に注意したいのがお風呂。「お風呂が血圧と関係があるの?」と思われるかもしれませんが、これが“大あり”。
お風呂に入るときのことを想像してみましょう。暖かい部屋から寒い廊下を通って寒い脱衣所へ。この間に血圧が急上昇。衣服を脱いでますます血圧が上がってきたところで熱い湯にドボン。ここでまた血圧は跳ね上がります。湯に入って体が温まると、今度は、血圧は下降します。しかし浴室から寒い脱衣所に出ると、再び上昇……といった具合に、短時間のうちに血圧はめまぐるしく変動します。血圧の急激な変動は心臓や血管に負担をかけ、脳梗塞や不整脈、立ちくらみなどを起こしやすくします。


血圧の変動を小さくする入浴のポイント

急激に血圧を変動させないために、前もって脱衣所や浴室を暖めておきましょう。また、いきなり湯に入ることは避け、必ず掛け湯をして、体を湯に慣らしましょう。湯の温度は、40度以下のぬるめに。肩まで浸かると水圧で心臓への負担を高め、血圧の変動が激しくなります。みぞおちまでの半身浴がお勧めです。浴槽から出るときは、ゆっくりと立ち上がるようにしましょう。
そのほか、飲酒前後や早朝の入浴は避ける、入浴前後にコップ1杯の水を飲むといったことも、血圧の変動を少なくします。

目次に戻る

  • 全品送料無料 ひらもと薬店オンラインショップ

店舗案内!

呉市ひらもと薬局西中央店舗写真

ひらもと薬局 西中央店
広島県呉市西中央2-1-12
TEL 0823-36-6598
FAX 0823-36-6599
営業時間:9:00~18:00
休日:土曜・日曜・祝日

詳しい店舗情報



呉市ひらもと薬局東中央店舗写真

ひらもと薬局 東中央店
広島県呉市東中央1-6-22
TEL 0823-21-2854
FAX 0823-36-7185
営業時間:9:00~18:00
休日:日曜・祝日

詳しい店舗情報

呉市ひらもと薬局千田店舗写真

ひらもと薬局 千田店
広島市中区千田町2丁目1-29 井原ビル1F
TEL 082-236-1559
FAX 082-236-9952
営業時間:平日9:00~18:00
土曜:9:00~17:00
休日:木曜・日曜・祝日

詳しい店舗情報

ひらもと薬局は、呉医療センターと連携し、地域医療に貢献する医療機関として登録されています。

波と風ネット

  • 呉医療センター 中国がんセンター
  • メナード化粧品取扱店