薬を正しく飲んで、安全に効果的に

どんなに効果のある薬でも、間違った飲み方をすると十分な効き目が得られないばかりか、体に悪影響を及ぼすこともあります。十分な知識をもち、正しく服用することは治療の第一歩です。

薬は水かぬるま湯と一緒に飲みましょう

食後のコーヒータイム。Aさんはコーヒーと一緒に薬を飲み込みました。このAさんの服用の仕方は正しいでしょうか。答えは「No」。なぜならば、コーヒーに多く含まれるカフェインが薬に作用し、薬が効き過ぎて副作用が出たり、逆に効き目が弱くなったりすることがあるからです。こうしたことはコーヒーだけでなく、お茶、牛乳など、ほかの飲み物でも起こることがあります。特によく知られているのがグレープフルーツジュースと降圧剤(カルシウム拮抗薬)です。薬効が増強されて、血圧が下がり過ぎたり、頭痛が起きる場合があります。また、アルコールと一緒に飲むのは絶対に避けましょう。
では、飲み物なしで薬だけを飲むのは大丈夫でしょうか。最近は水なしで服用できる薬も出ていますが、それ以外に関してはこの答えも「No」です。水なしで飲むと、薬がのどや食道にひっかかり、そのまま溶け出して粘膜を傷つけることがあります。薬はコップ1杯程度の水かぬるま湯と一緒に飲むのが原則です。

服用時間と量を守りましょう

朝寝坊をしたAさんは、慌てて家を飛び出したので薬を飲むのを忘れてしまいました。そして、昼の服用時に飲み忘れた朝の分も一緒に飲みました。これも間違った飲み方です。まとめて2回分を飲んだりすると、薬が効果を発揮するのに適した量を超えてしまい、危険な場合があります。
服用時間と量を守ることは薬の効果を適切に発揮させるだけでなく、副作用を最小限に抑えることにつながります。

自己判断で薬の服用をやめてはいけません

高血圧の薬を飲んでいたAさん、血圧が下がったので薬を飲むのをやめました。これも正しい服用の仕方とはいえません。急にやめると、反動的に血圧が上昇します。潰瘍の薬も、痛みが治まったからとやめてしまうと、再発する場合があります。
医師は、症状がよくなると、薬の量を減らしたり、弱い薬に替えながら、段階的にやめる方法をとります。自分の判断でやめることは、こうした治療の妨げになるばかりか、危険な場合もあります。薬の服用をやめる時期は、必ず医師に確認しましょう。
そのほか、薬についてわからないことや疑問がある場合は、薬剤師に気軽にご相談ください。

イラストレーション:フジモトマサル

Scroll Up