干物で手軽に調理「サバのレモンマリネ」

サバの一夜干しを使って作るマリネです。生のサバをさばくような手間がかからないので、魚を調理するのがちょっと苦手な方にもおすすめです。レモンの爽やかな香りと酸味がおいしいマリネです。冷蔵庫で2〜3日保つので、作って翌日以降によくなじんだところを食べても。

○エネルギー:約280kcal
○調理時間:50分

材料(2人分)

サバの一夜干し:1枚(半身分)
片栗粉:大さじ1
国産レモン:1個
玉ネギ:1/2個
ニンジン:4cm
砂糖:1つまみ
コショウ:少々

作り方

(1)サバはひれや尾を切り落としてバットに入れ、汚れや臭みを取るために熱湯を回しかけ、水気をよくふき取る。
(2)片栗粉を両面にまぶして、キッチンペーパーを敷いたフライパンで焼く。皮目から5分ほど焼いたら裏返し、両面少し焼き色がつくくらいまで焼く。
(3)サバを焼いている間にマリネ液を作る。レモンは1/4は薄切りにし、残りは絞る。玉ネギ、ニンジンは薄切りにする。
(4)ボウルにレモン汁、レモン、玉ネギ、ニンジン、砂糖、コショウを入れて混ぜ合わせておく。
(5)サバが焼けたら斜めに切って、(4)に30分ほど漬け込む。