炊飯器で楽々栄養満点「雑穀入りサムゲタン風スープ」

サムゲタン(参鶏湯)は日本の鰻のように、夏バテ予防や夏の栄養補給として食べられる韓国料理です。丸ごとの鶏に漢方食材を加えて作りますが、今回は手羽元と香味野菜で作ります。もち米の代わりに雑穀を加えているので、夏に不足しがちなミネラル補給にもなります。ナツメ(乾燥したものが売られているので水に戻して使う)や甘栗を加えるとより本格的になります。

○エネルギー:約260kcal
○調理時間:10分(煮込む時間は除く)

材料(2人分)

手羽元:4本
ショウガ:1かけら
ニンニク:1かけら
ネギ:1/2本
雑穀:大さじ2
鶏ガラスープの素:小さじ2
塩:少々

作り方

(1)鶏肉はフォークで数カ所刺して塩を振り、炊飯器に入れる。
(2)ショウガ、ニンニクは薄く切り、ネギは斜めに切って炊飯器に加える。
(3)雑穀も加え、2合の目盛りまで水を入れて鶏ガラスープの素を加え混ぜる。
(4)通常の炊飯モードでスイッチを入れてあとは出来上がりを待つだけ。
(5)出来上がったら器に盛る。白髪ネギや糸切りトウガラシを飾っても。