台湾屋台の味「葱油餅」

小麦粉をこねた生地にネギをたっぷり入れて焼く葱油餅(ツォンヨゥピン)。ちょっと小腹がすいたときや、ビールのつまみにもおすすめです。ネギと一緒に刻んだピーナツを入れてもおいしいのでぜひお試しください。食べるときはお好みで酢醤油をつけても。

○エネルギー:450kcal(全量)
○調理時間:30分(生地を休ませる時間は除く)

材料(直径15cm×2枚分)

中力粉:100g(または強力粉・薄力粉を各50g)
砂糖:1つまみ
ぬるま湯:70ml
塩:少々
小ネギ:3~4本
ゴマ油:小さじ2

作り方

(1)ボウルに、小麦粉、砂糖、ぬるま湯を入れて菜箸でまぜ、ひとまとまりになったら手でよくこね、表面につやが出てきたらラップをして冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
(2)ネギを小口切りにしておく。
(3)生地を寝かし終わったら取り出して、打ち粉をしたまな板の上で2等分にする。
(4)生地を1つずつ麺棒で2~3mmの厚さに伸ばし、ゴマ油を小さじ1/2塗り、ネギをまんべんなくのせ、塩を軽くふって、手前から巻いていく。
(5)筒状になった生地を渦巻き状に丸め、巻き終わりの部分は中央の部分に挟み込むようにしてとめる。
(6)渦巻きにした生地を麺棒で上からつぶして薄く伸ばす。
(7)フライパンにゴマ油を熱して焼き色がつくまで両面焼く。焼きあがったら食べやすい大きさに切る。